ヘアメイク 資格 種類

ヘアメイク資格はある?主な種類と試験の内容など

ヘアメイク資格

 

ヘアメイク関連は、何か専門的な資格がないと仕事ができないものでしょうか?

 

無資格・未経験のままヘアメイクサロンなどで働くのは、即戦力を求められる面もあったりするので、できそうにありませんね。

 

とりあえずは少なくとも必要な知識と技術を習得してから、何かのヘアメイク関連の仕事に就きたいものです。

 

 

ヘアメイク関連の専門資格について

 

ヘアメイクの正式な専門資格というのものは、実は現在存在していません

 

もっと正確に言うなら、「ヘア」と「メイク」が合わさった資格がないのですね。

 

なので資格自体は、ヘアの資格、メイクアップの資格をそれぞれ取得していけばいいのです。

 

もしヘアとメイクの両方を合わせた資格を取るのなら、ヘアは国家資格の美容師免許を取り、メイクの分野は一般財団法人主催の各種メイク検定に取得した方がいいでしょうね。

 

これらを両方取っておけば、とりあえずはヘアメイク業界で活躍するための必要な美容資格はあることになります。

 

美容専門学校でのコースについて

 

ヘアメイク・アーティストを目指すには、やはり美容専門学校(スクール)に通うのがおすすめです。

 

美容師免許は国家資格ですし、メイク検定も独学の勉強だけでは難しい面もあります。

 

美容の専門学校では、この美容師免許を取るためのコース(ヘア向け)と、メイク検定合格の対策コース(メイク向け)が併用された学科などが存在しています。

 

メイク検定の種類

 

一般財団のメイクの検定には、有名な3種類の検定があります。

 

まずMSOJ認定メイクアップ検定という資格があり、これは日本メイクアップ連盟が主催しています。

 

正しいメイクの知識を学習する3級から1級までのレベルが用意されています。

 

2つめはIBF認定の国際メイクアップアーティスト認定試験です。

 

この検定は、インターナショナルに共有できるメイクの知識を学ぶ資格が取れます。

 

3つめはJMA日本メイクアップ技術検定です。

 

美容業界で働きたい人が専門技術を学ぶもので、3級から1級までのレベル階級で受験できます。

 

 

スクールで資格や検定を取得すると就職に有利です

 

ヘアメイクの仕事を、美容の分野でキャリアとして選びたいなら、スクールで資格や検定を取得して就職を斡旋してもらうのが近道かもしれません。

 

ヘアとメイクの技術検定があれば、ブライダル関連やメディア関係まで幅広い業界で活躍できるでしょうね。

 

ヘアメイク関連の資格も取れる、全国のスクール探し(資料請求)で探してみるのもおすすめです。

 

ヘアメイクスクールの資料サービスへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


page top